採用採用

採用情報recruitment

新メンバー決定

この度は、弊社求人に対してたくさんの方にご応募いただきありがとうございました。

1月14日で求人の掲載を終了させていただきます。

沢山のご応募ありがとうございました

新体制のnekozukiをよろしくおねがいします。

「ネコ目線のモノづくり」nekozukiを運営するクロス・クローバー・ジャパンは事業拡大のため人材を募集中

ネコが大好き、ECに興味がある、モノづくりに心惹かれるという方、必見です

現在、募集中の職種は顧客対応事務です。追加の募集があった際はこのページに掲載いたします。


事業内容

「ネコの困りごとを解決する猫用品」を自社開発し、ECで直販しています。
ネコの使いやすさ・健康に配慮した「ネコ目線のモノづくり」を行っています。
グッドデザイン賞5度受賞、地域未来牽引企業(経済産業省)

運営ECサイト

nekozukiECサイト
nekozuki(ねこずき)
(他、楽天市場、Yahoo、Amazon)

商品シリーズ


わたしたちが手がける商品はすべて、従来型のネコグッズと一線を画す「ネコ目線のモノづくり」によって作られます。

より機能的に、優しく、安全に。言葉を話せないネコのための商品だからこそ、ネコの習性を思い描きながら細心の注意をはらっております。
すべてはネコに喜んでもらうため、飼い主さんに喜んでもらうためです。

(1)ネコ健康一生モノ商品

室内ネコの寿命は今や15~20年と言われています。
わたしたちは、ネコの一生、つまり20年以上使うことができる「一生モノのネコ用品」を提案します。なぜなら、ネコは新しいものに慣れるまで警戒し、強くストレスを感じる動物だからです。

そのため毎日使うネコ用品も「同じものを永く使い続ける」ことが、ネコへの配慮になるのです。このシリーズ「ネコ健康一生モノ商品」は、岩手の資源と、岩手の伝統工芸技術を用い、熟練職人の手により、一つ一つ丁寧に作られています。商品製作の際、大事にしているのは「ネコにとっての使い心地」です。

商品例 ・爪とぎ(岩手の木 × 岩手の木工職人)

一生モノの猫の爪とぎ
ネコの爪とぎ「がりがりボード」 
釘を使わない組木づくりの技法で、経年劣化による釘の飛び出しで怪我をしないよう、 釘を使わずに組み木製法で仕上げました。錆びを舐めてしまう心配もありません。

商品例 ・介護食器(岩手の磁器職人)

一最後の一口まで食べやすい食器「まんまボウル」
最後の一口まで食べやすい食器「まんまボウル」
長年、人間用の介護の食器類を作りつづけ、2014年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン 推進功労者表彰で内閣府特命担当大臣奨励賞を受賞した職人と開発。
自身も障がいのあるネコ と暮らし、ヒト用ネコ用の区別なく同じ精度の食器を日々作っています。 ネコ用介護食器は、すり鉢形状とフチの返しの特殊形状で最後の一口まで食べやすいです。

(2)ネコ健康第一の猫砂

室内ネコは、飼い主から与えられたものが全てです。しかし多くのネコ用品では、人間側の利便性が重視され、添加物や化学物質が多く含まれています。

たとえば、市場に流通している猫砂の多くは、「抗菌」「固まる」「香料」「脱臭」など、さまざまな物質が加えられています。ネコは、トイレの後に足裏を舐めるので、猫砂に含まれる化学物質や添加物を毎日舐めて、体内に取り込んでしまう可能性があります。

わたしたちは、無添加で健康的な商品を作り、この現状を変えていきます。

商品例 ・猫砂 (岩手の木 × 岩手の職人)

無添加の猫砂
トイレ後に足を舐める猫さんも安心の無添加「小さな村の猫砂」
ネコと飼い主さんの健康を考えた、無添加・自然素材の猫砂。岩手の小さな村の、木だけで作りました。敢えて何も足さないが新しい。
無添加なので土に還り地球にもやさしいです。「あったらいいな」をかたちにしました。

会社の特徴

「ネコ社員」とお客様の声から、ネコ目線の健康商品を企画しています。
日本の資源を使い、日本の伝統工芸の職人と共同制作しています。
私たちは「ネコが健康で幸せに生きる世界」を目指します。

『ネコ健康第一企業』


ネコの健康を守るのがわたしたちの使命です。
ネコ事業の活動を通し、大好きなネコたちの健康を守るため、単にECサイトで商品を売るだけではなく、ネコ用品業界に『健康』という新たな価値を創造します。

量産品が一般的であるネコ用品業界において、お客さまに新たな選択肢を提案すること、これは革命とも言える取り組みです。 わたしたちと一緒に、ネコの健康を守りましょう。

「ネコ社員」による商品開発


私たちは、「ネコ社員」と一緒に商品を開発しています。 ネコが使うものだから、使用者であるネコと相談をします。
ネコ社員の厳しいモニターテスト、鋭いチェックを経たモノだけが商品化されます。nekozukiで一番の発言権を持っているのがネコ社員です。

また、ECサイトによる直接販売のおかげで、多くのお客様との接点があります。「ネコと飼い主さんが抱えている困りごと」などを教えていただき、商品開発に反映していくことで、困りごとを解決する商品を開発しています。

このようにして、盛岡オフィス内で毎週行われる「ネコ会議」では、さまざまな企画が生まれます。
もし自分がネコだったらどう感じるか?使いやすいか?気に入ってくれるか?想像しながらネコ社員と一緒に商品を作っています。それが「ネコ目線のモノづくり」です。わたしたちが開発する商品はすべてこのように作られています。

沿革

nekozukiは2010年10月に岩手県盛岡市で誕生しました。
代表の太野(ふとの)は当初、岩手県盛岡市で猫用品の仕入販売をする中で、市場に出回る猫用品の少なさを実感し、自社での商品開発を開始。

第一号商品は「猫用トイレカバー」。当時のネコのトイレは、「囲まれたところが落ち着く」というネコの習性に配慮されたものではありませんでした。そこで、「ネコが落ち着いて排泄できるトイレカバー」の開発を決意。岩手の資源と岩手の職人により商品が誕生し、ネコの快適なトイレ空間作り・臭い・猫砂の飛散防止の困りごとを同時解決し、特許も取得しました。

その後、続々と「ネコの健康」×「ネコの一生使える高い品質」×「ネコの習性に配慮した使いやすい機能」をコンセプトに商品開発を進め、現在は50アイテムまで拡大しました。

製造には、日本の資源を使い、日本の伝統工芸の職人が手がけています 求める機能に合わせて、さまざまな工芸技術を活用しています。 商品の機能は日本の職人の技術により支えられています。

社会貢献事業(事業を通じた問題解決)


当社の事業、「ネコ健康一生モノ商品」、「ネコ健康消耗品」は、お客さまに育てていただいた結果、たどりついたカタチです。 この『ネコの健康を守る』取り組みをとおし、さまざまな問題解決に努め社会に貢献していきます。

岩手の伝統工芸活性化

磁器職人大沢さん
岩手の伝統工芸も時代の変化により廃業する会社も少なくありません。 さまざまな分野の伝統工芸の職人と、その匠の技術を活かしたネコ用商品を共作することで伝統工芸に新たな付加価値を創出しています。 共に商品製作をしている工場、職人は岩手県内全域に拡がっています。

ネコの問題の解決

ネコの習性に配慮、ネコ健康第一商品による病気予防

飼い主さんの問題の解決

愛猫が健康であることが生活の活力に

社会問題の解決

地球環境問題と持続可能なモノづくり
産地証明のある合法木材を使用。健全な生態系を守る考えから違法に伐採された木材を使用しません。
森を守るマークFSC認証材料をパッケージに使用

森林環境問題の解決

南部赤松製のトイレカバー
木の利用を通じて持続可能な社会へチェンジしていします。生活に国産木材を取り入れることで、温もりや癒しが生まれるだけでなく、日本の森林を守るためのアクションとなり、国産木材の自給率をあげ林業再生、環境をより良くすることへつなげていきます。
わたしたちの取り組みはウッドデザイン性も受賞しています。

※ウッドデザイン賞とは、木の良さや価値を再発見させる製品や取り組みについて、特に優れたものを消費者目線で評価し、林野庁等が表彰する顕彰制度です。

使い捨て問題の解決

爪とぎの経年変化
上質な素材、職人の技術により、丈夫で長持ちする一生ものを作り、使い捨てが主流だった猫用品に新たな提案。消耗品から家具へ世代を渡って使える資産へと変化させました。
写真は爪とぎの経年変化の様子。使うほどに愛着がわきます。

仕事の内容


ネットショップのカスタマーサポート・運営アシスタント(未経験者可)。
残業ほぼ無し、オフィス勤務。業務は事務と接客が中心。

具体的には
(1)受注対応などPCを使った事務
(2)メール・電話・チャットによるお客さま対応
(3)在庫管理・商品管理など。

当初は上記業務が中心ですが、小さな会社なので、仕事の範囲は好きにデザインできます。
自分の得意分野や興味に基づいて、仕事を掘り下げたり、幅を広げたりして下さい。

例えば、より大きい裁量を持ったり、商品開発に参加するなどです。
小さな会社なので、手取り足取り教えてもらいづらい環境とも言えます。
指示や決まりごとに従うだけでなく、自分から積極的に質問したり、状況をよく見て先回りする姿勢が求められます。

基本的には残業なしです。 その代わり、勤務時間内は凝縮、集中して業務しています。
社長自ら率先して原則17時ジャストにみんな帰ります。

こんな人に来てほしい

ネコが好きな人(必須)ネコと暮らしている・ネコと暮らしたことがある

「ネコの遣い」になった気持ちで、わたしたちと一緒に、世界の猫たちのために働きましょう!

やり方を工夫したい人

決まった手順を繰り返すだけの仕事ではありません。「前例のない業務」が発生し、手探りで考えながら取り組む場合もありえます。「仕事のやり方を工夫したい人」を歓迎します。

自分の仕事を作りたい人

担当業務の枠は、自分次第でいくらでも拡げていけます。「自分の興味や得意を活かしたい」「自分で仕事を作りたい」という人を歓迎します。

自分の意見を言える人

自由に意見が言える社風です。ネコのため、飼い主さんのために頑張れる方を求めています。自分の考えを持ち、意見を言ってくれる人を歓迎します。

失敗から学べる人

可能性の低そうなアイディアを実行する前にはじいてしまうのは簡単ですが、失敗から学んで今の商品ラインナップが出来ました。日々の業務も同じです。一緒に失敗から学びましょう。失敗から学べる人、チャレンジ精神を持った人を歓迎します。

顔出しOKな人

ページを訪れた方への安心感のため会社の様子を公開しています。

お客様が好きな人

下記のようなお客様の声に共感して、それを仕事のエネルギーにしてくれる人を歓迎します。
nekozukiのお客さまの写真

【お客さまの声】


「猫との暮らしが楽しくなる商品が沢山」 -猫との暮らしが楽しくなるような商品がたくさんあって、ステキなお店だと思います。 また機会がありましたらよろしくお願いします。 (BlackBirdSong様)

「猫好きにはたまらないお店」 -こちらのショップさんは、猫好きにはたまりません。対応などは、全く不満ありません。 (aya727neko様)

「他店とは違う品揃え」 -他の猫用品店ではないものが揃っているので見ているだけでも楽しいですね。 手に入りにくいものを購入できてとても助かりました。 (購入者様)

「嬉しい猫用品の専門店」 -ペット用品というと、どこも犬用品が多いので猫用品専門店は嬉しい限りです。是非また利用させて頂きたいと思います。財布のヒモが緩みっぱなしで困ります(笑) (購入者様)

「猫への愛情を感じるお店」 -とても感じのいいお店だと思います。猫ちゃんに対する愛情が感じられる。(購入者様)

「とにかく猫が好きなお店」 -とにかく猫が好きなのが判るショップです。よい品が揃っています。 (欽ちゃん3716様)

「商品に対し自信をもって販売」 -商品に対する自信を持って消費者に配送してくださるという気持ちが伝わってきて とても気持ちの良いお買い物が出来たと思います。 (トトキキミケ様)

「診察がスムーズになる商品」 -往診専門の動物病院経営しています。ネコが本当に落ち着くので診察がスムーズになり、飼い主さんも本当に喜んでいらっしゃいました。(ごろん4345様)

【わたしたちの価値観】

カスタマーファースト

当社のカスタマーはネコです。ネコの健康を大事にする飼い主さんが直接的なお客様になります。(ネコの飼い主さんの目線になった接客が求められます)

プロダクト愛

ネコは話せませんが、飼い主の思いを理解している動物だと思います。 それを感じ取れるネコ好き感性を仕事に活かしています。 (日本の伝統工芸技術を猫用品に集積しています)

創造性と革新性

0から創ること、仕組み自体を壊して新しく創ること、を大事にしています。 既存の事を当たり前だと思わず、常に新しいマーケット創造の意欲と興味を持った会社でありたいと思います。

オフィスの様子

オフィス3面が大きな窓で日当たりが良く開放的な空間です。
岩手県の木と岩手発の自然塗料で作られたオフィスです。
NASAがおすすめする空気清浄効果の高い観葉植物が複数種あります。

お肌を守るため大きな窓にはUVカット加工を施しており日焼けの心配がありません。
加湿器も複数設置し乾燥対策をしています。
次世代型ウォーターサーバー、素材にこだわった健康的なフリードリンク常備、ビル内セキュリティシステム完備。
オフィス隣にはカフェ&ミーティングスペースがあります。


オフィスからは岩手城跡公園が見え四季を感じることもできます。
桜の名所、紅葉の名所でもあります。

経済産業省での発表の様子
(経済産業省で発表の様子)
EC販売にとどまらず国内外の展示会、講演会など活動エリアは幅広くプレゼンの機会も多いです。一緒に国内、海外へでかけましょう。

nekozukiオフィス バーチャルツアー


農林会館外観

農林会館外観
農林会館エントランス
オフィス隣にはカフェ&ミーティングスペースがあります
カフェスペースの隣がnekozukiオフィスです
nekozukiオフィス
オフィス入り口

メディア掲載

弊社の取り組みやビジネスモデルに対して多くの取材をいただいています。
過去のメディア掲載実績はこちら
メディア掲載情報

ページ上に戻る